勤怠管理の悩み

勤怠管理の悩み

勤怠管理の悩み 勤怠管理を実施する上でのよくある悩みは、数ある不正をどのようにして無くすかです。新しい勤怠管理のシステムを導入しようと考えている企業は、社員が行う出退勤の不正を管理したいと考えています。しかし、全国に広がっているチェーン店を管理している大きな企業などでは、古いタイプの管理システムだと社員の自己申告によって出退勤が管理されていますので、それぞれの店舗で出退勤をチェックすることは現実的に厳しいと言えます。
そこで、こうした悩みを解決するために出退勤の記録をすべてデータベース上で管理するというシステムが導入されています。社内で広域のネットワークを構築し、それぞれの社員に割り当てられたナンバーを渡します。そのナンバーを支店に備え付けられているシステムが認識することで初めて出退勤がされるようになるシステムです。勤怠管理の全システムの管理を支店ではなく本部に置くようにすれば、支店の勝手な不正はできなくなるため、非常に有意義な勤怠管理を実現できるようになります。

勤怠管理を行なうべき時期

勤怠管理を行なうべき時期 管理者のなかには、勤怠管理はいつから行うべきか疑問に思っている方もいるかもしれません。この管理の時期としては、従業員と会社が雇用契約を結んで実際に出社することになってから、退職届を提出して、それが受理され、最後に出社するときまでとなっています。
さらに、日々の勤怠管理としては、朝何時に出勤をして仕事をいつからいつまで行なったのか、そして、いつ何時に帰ったのかを把握しておく必要があります。さらに、日々の残業時間がどれだけであったかといったことはもとろんのこと、お昼休憩の時間は何時から何時までとったのかといったことであったり、残業が発生した場合には、途中の休憩をどれくらいしたのかの記録しておく必要があります。その上で、月にどれくらいの時間、働いたのかといったことや残業時間がどれくらいだったかを算出しておく必要があります。このように従業員の勤怠管理を行う場合には法律にもとづいて、しっかりと時間を記録しておくことが大切なのです。