中抜け勤務も合理的に

中抜け勤務も合理的に

中抜け勤務も合理的に ITを駆使した勤怠管理システムが多くの企業で採用されるようになりました。
これは一般的なホワイトカラーだけではなく、勤務時間が不定期になりがちな接客業でも導入が進んでいます。
ホテルやレストランなどではピークと通常時では忙しさにかなりの違いが出てしまうものです。
そのため暇な時間を中抜けという形で業務外扱いにする店舗も少なくありません。
ただこの方式は結果的に長時間拘束に繋がるため、労働問題に発展しやすいというリスクもあります。
また勤務と業務外の境目を曖昧にして無報酬のまま働かせるという事態まで発生しているのが実情です。
こうした体制を放置していると様々なトラブルが生じて、社会から糾弾されることさえあるでしょう。
勤怠管理システムで労働時間を明確化することは、中抜け勤務の合理化に繋がります。
それは従業員の健康とやる気を向上させますから業績アップの点からも有用です。
働きやすい職場を実現させるためにも、勤怠管理システムの導入は喫緊の課題といえます。

勤怠管理で休憩も反映させることができるの?

勤怠管理で休憩も反映させることができるの? 勤怠管理システムなら休憩時間などもすべて管理することが可能です。
通常のタイムカードでは出金時刻と退勤時刻しか管理することができません。
勤怠管理システムなら、それ以外にもオフィスに入退室をした時間などもすべて管理することができます。
たとえば、ICカードを使って認証をしないと部屋に入れないようにするといった方法です。
コンピューターにすべて記録が残っているので、トイレに行った時間、休憩の時間などもすべて管理できます。

高性能な勤怠管理システムを導入するにはコストがかかりますので、コストに見合った成果がだせるかどうかが重要です。
また、この方法はオフィスや工場の現場などで働いている人には使える方法ですが、営業などで外回りをしている時間が多い仕事をやっている人には使えません。
最近では「3ヶ月間無料」といったキャンペーン期間がある勤怠管理システムも増えているので、そういったキャンペーンを利用してコストに見合った効果があることを確認してから契約しましょう。