労働・残業時間の集計と確認

労働・残業時間の集計と確認

労働・残業時間の集計と確認 勤怠管理は時間の管理および行内容の管理などに分けることが出来ます。業務内容の管理は作業日報を利用して、それぞれの1日の業務をチェックする、偏った仕事の割り振りになっていないのかを確認するなどになります。仮に、オーバーワークが多い従業員が1名いる場合、その従業員が行っている仕事の一部を、余力を持つ従業員に割り振ることも出来るわけです。
そして、勤怠管理の中でも時間の管理は、1日の所定労働時間を満たしているのか、仮に、1日の労働時間が4時間の場合は、残りの時間が早退や遅刻などによるものではないのか否かを確認することで勤怠管理の目的を達成することが出来ます。また、残業時間には通常時間帯と深夜の時間帯の2つに分かれており、一般的に通常時間よりも深夜の時間帯の方が時間単価は高くなるわけです。勤怠管理の中では残業時間の集計を行うと同時に、通常時間帯のオーバーワークと深夜の時間帯のオーバーワークを明確にしておく、そして集計処理はミスがないことを確認するなどが大切です。

勤怠管理で大切な労働基準法における労働時間と休憩時間とは

勤怠管理で大切な労働基準法における労働時間と休憩時間とは 少しでも早く、多くの仕事を片付けるために、休憩せずに仕事を続けようとする方もいるかもしれませんが、それを続けると肉体的にも精神的にも疲れが出来てしまい、健康障害や病気を発生するリスクが非常に高くなります。
そうならないためにも、会社としての労働基準法上の規定と勤怠管理の大切さについてご説明いたします。労働基準法では労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければないと定めています。これは義務付けられていますので守るべきルールです。
勤怠管理は給与計算に必要なだけでなく、労働基準法に基づきルールを守り、正しく勤務条件を守れているかどうかを知るためにも勤怠管理は必要不可欠です。間違えなく勤務時間の報告が出来るように便利な勤怠管理システムを導入するのも良い方法です。きちんと管理することが無理なく健康に働けることにつながります。